初めての塾講師

塾にも多くの歴史があるように、塾講師にも、実は多くの歴史があると言われています。塾講師にはどのような歴史があるのでしょうか?塾講師の歴史についていくつかご説明していきます。そもそも塾そのものは、平安時代、塾の元祖となるものが誕生したことがきっかけとされています。平安時代において塾は、貴族階級の子供のみが通うことが許されていたとされ、お金がある家の子供でも、そう簡単には入ることが許されていませんでした。

そんな元祖塾が徐々に形を変えていったのが、江戸時代末期である、幕末期です。平安時代から江戸に至るまで、細々と塾のスタイルは定着をしていましたが、時代に残る本格的な塾が誕生したとされているのが、この時代に誕生した有名所の塾、松下村塾と言えるでしょう。玉木文之進が主宰をした私塾であるこの松下村塾は、短い期間でありながらも、後にここで指導を受けた若者たちから、多くの著名人、偉人を輩出し、現在では、世界遺産に登録されるほどとして知られています。

これらの歴史を考えると、歴史に名を馳せるほどの初めての塾講師は、玉木文之進やその後後を継いだ吉田松陰と言っても過言ではありませんが、同時期に塾を立ち上げた、シーボルトも、同じ時代の塾講師仲間と言えますので、一概には判断が出来ません。これら私塾の他にも、庶民が通うことが出来るようになった寺子屋や、幕府の設置する教育施設なども同時期に設置されているため、一番初めの塾講師というと、詳細は判明していないと言えるでしょう。



《特選外部リンク》
塾講師の歴史について調べた際に、塾講師の求人で参考になるサイトがありましたので紹介します。 →→→ 塾講師 仕事