鳴滝塾とは?

塾講師を語るうえで忘れることが出来ないのは、松下村塾と同時期に誕生している、鳴滝塾の発足者、シーボルトがあげられます。長崎郊外にシーボルトが設けたこの私塾は、塾としての機能だけではなく、診療所としても、世間に広く愛されていたとして知られています。

そんなシーボルトですが、元々はドイツの医師・学者であり、日本において薬草類など採取し、栽培させることに成功させた偉い学者さんです。塾の内容としては、西洋医学や自然科学などをはじめとした分野を塾生に広め、こちらの塾も、数多くの偉人を輩出してきたことで知られています。門下生として知られているのは、伊藤玄白や高野長英、二宮啓作などの、いずれも教科書で一度は見たことがあると言う方も多い名前なのですが、そうした偉人たちの最初のきっかけを作ったのがこの鳴滝塾、シーボルトの授業であったことが分かっています。

現在このシーボルトの功績をたたえ、シーボルトの家が元々あった、出島において、シーボルトの跡地遺跡を設置し、その後、シーボルト記念館が開館されています。吉田松陰らと同じように、シーボルトは、歴史に名を遺す偉人たちを多く輩出した、塾講師の一人であると言えるでしょう。